生涯スポーツ推進事業(日・韓・中スポーツ交流事業 )

> 北海道体育協会/トップ  > 生涯スポーツ推進事業  > 日・韓・中スポーツ交流事業  > 日韓スポーツ交流・成人交歓交流

第9回 日韓青少年冬季スポーツ交流事業

日韓の30〜70歳のスポーツ愛好者が互いの国を訪問しあい、両国で開催されるスポーツの大会(祭典)に特別参加するなど、スポーツを中心とした交流によって友好と親善を図っています。
日本での受入は、2011(平成23)年度まで、「全国スポーツ・レクリエーション祭」に参加する形式で行っておりましたが、2012(平成24)年度より「日本スポーツマスターズ」への参加形式に移行し、より高いレベルでの競技を通して交流を行っています。

2018(平成29)年度 実施概要〈第22回日韓スポーツ交流・成人交歓交流〉

平成30年9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震の影響から、日本スポーツマスターズ2018札幌大会への参加を中心とした9月13日(木)から19日(水)までの日程で開催予定の受入事業につきまして実施を見送っておりましたが、開催に向けて日本スポーツ協会、各競技団体をはじめ関係各位のご尽力により、内容を変更して開催する運びとなりました。

派遣 受入
期間 510日(木)〜16日(水)
※韓国の2018全国生活体育大祝典への参加を中心とした日程で実施
1123日(金)〜26日(月)
会場 韓国:忠清南道 北海道札幌市
参加者数 日本選手団195名
(北海道、岐阜県)
韓国選手団121名
競技数 10競技:(受入は赤字標記6競技)
サッカー、テニスバレーボールバスケットボール、自転車競技、ソフトテニス軟式野球
ソフトボール、バドミントン、ボウリング
関係資料 実施要項(PDF:175KB)

このページの先頭に戻る